スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年03月21日

有酸素運動で脂肪燃焼

有酸素運動で脂肪を燃やす!
よく聞くキャッチフレーズです。

今日は、有酸素運動によって脂肪が燃えていく仕組みをお話しさせて頂こうと思います。
まずは脂肪が燃えていく仕組みについて。

「火のないところに煙はたたない」とよく言われますが、「火種のないところに火はたたない」のもまた事実だと思います。

脂肪は、何のきっかけもなければ燃えません。
脂肪を燃やすためには、脂肪を燃やす(分解する)酵素が必要になってきます。

この酵素の名前をリパーゼと言うのですが、それはどうでもいいことです。
専門家になるわけではないので、特に覚える必要はありません。

人はエネルギーが必要になると、まずは筋肉にため込まれているグリコーゲンと呼ばれる糖質、または血液中に含まれているブドウ糖を使います。
さらにエネルギーが必要になってようやく、身体は脂肪を使うようになるのです。

ですから、脂肪燃焼のためには身体を「さらにエネルギーが必要」な状態に持っていくことが必要となります。

有酸素運動がダイエットに効果的と言われる理由はここにあります。
充分な酸素を確保しながら行う運動なので、無理なく続けることができるからです。

全速力で30分も走ることができますか?
たいていの人はノーと答えると思います。もちろん私もできません(30分どころか5分も無理です)。

でもペースを無理ない程度に落とせば可能となるでしょう。
「無理ないペース」というのは人それぞれですから、同じ30分でも人によって走れた距離は変わります。

でも大切なのは距離ではありません。
続けた事実です。
posted by chao at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 有酸素運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

有酸素運動と無酸素運動

今日は有酸素運動と無酸素運動の違いについてお話しさせて下さい。

有酸素運動が充分な呼吸を確保しながらできる運動だ、ということはすでにお話しました。
無酸素運動は逆に、充分な呼吸を確保できないまま続ける運動です。

全速力で走る。
すごーく重たいものを持ち上げる。

そんな時、無理なく呼吸ができますか?
私は無理です。

全速力で走ったあとは呼吸もまともにできないし、重たいものを持ち上げる時はついつい息を止めてしまいます。

この時、身体には充分な酸素が行きわたっていない状態になります。
そうすると身体は酸素の代わりに筋肉の中にため込んでおいたグリコーゲンと呼ばれる糖質を燃やし、エネルギーに変えます。

酸素は生きる上で必要不可欠なものですから、無酸素運動は有酸素運動とは違い、長く続けることはできません。
瞬発力を必要とする運動、例えば短距離走やバーベル上げなどが無酸素運動に分類されます。

一般的に有酸素運動に分類されるウォーキングやエアロビクスも、充分な呼吸を確保できないまま続けるのなら無酸素運動になってしまいます。
だから無理は禁物なのです。

ちなみに、無酸素運動も有酸素運動と同様、ダイエットには不可欠なものになります。

無酸素運動は筋肉を作る運動です。
筋肉をつけることによって、脂肪が燃えやすい身体を作ることができます。

有酸素運動にスポットを当てると無酸素運動は悪者のように扱われてしまうことが多いですが、実際そんなことはありません。
無酸素運動だって大切です。

ただ使い方を間違えないように、という話なのです。

二つを上手に使い分けてより健康的に痩せていきましょう!
ラベル:有酸素運動
posted by chao at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 有酸素運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

有酸素運動でダイエット

ダイエットをするなら有酸素運動がおすすめ。
ダイエットを考えがことがあり、情報を集めたこともある方なら一度は耳にしたことがある言葉かもしれません。

何故ダイエットに有酸素運動が効果的なのか。
今日はそれを考えてみたいと思います。

酸素を消費する運動のことを有酸素運動と呼びます。
何のこっちゃ? と思ってしまうでしょうか。

簡単に言いますと、充分に呼吸しながらでもできる運動のことなんです。

バスに乗り遅れそうになって、全速力で走る。
それから暫くは、呼吸もままならない状態になりますよね?

それは有酸素運動ではありません。
充分な呼吸を行えていないからです。

充分な呼吸を行えないと、身体に充分な酸素が行きわたりません。
すると血液中に酸素が流れなくなります。

私たちの身体を流れる血液の中には、酸素や栄養分だけではなく、なんと脂肪も流れているのです。
その脂肪が身体に蓄積されると、憎くむべき「体脂肪」になります。

ですが血液中を流れる脂肪を酸素とくっつけ、燃やしてしまうと、体脂肪にならなくて済みます。
これが肥満を回避する仕組み。

でもそれだけでは「ダイエット」になりませんよね。
現状維持も大切ですが、やっぱり痩せたい。

すでに身体にため込まれてしまった体脂肪は、血液中を流れる脂肪の次に燃やされます。
なので有酸素運動は「続けること」が大切なんですね。

運動開始後20分ほどから脂肪が燃え始める、と一般的には言われています。

ですがこの20分って、結構な数字です。
普段から運動に慣れている方でしたら大したことないかもしれませんが、私のように身体を動かすことが苦手な人間にとってはかなりの難易度。

そういった場合、初めは10分程度の軽い運動から始めるのがベストのようです。
それから徐々に15分、20分と時間を延ばしていき、最終的には30分〜40分。可能なら1時間程度は有酸素運動できるように鍛えていくのです。

ちなみに私は最初5分から始めました(笑)。
今は20分ほどなら無理なく続けられるようになっています。

まだまだ頑張ります。
ラベル:有酸素運動
posted by chao at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 有酸素運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。