スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年03月21日

有酸素運動で脂肪燃焼

有酸素運動で脂肪を燃やす!
よく聞くキャッチフレーズです。

今日は、有酸素運動によって脂肪が燃えていく仕組みをお話しさせて頂こうと思います。
まずは脂肪が燃えていく仕組みについて。

「火のないところに煙はたたない」とよく言われますが、「火種のないところに火はたたない」のもまた事実だと思います。

脂肪は、何のきっかけもなければ燃えません。
脂肪を燃やすためには、脂肪を燃やす(分解する)酵素が必要になってきます。

この酵素の名前をリパーゼと言うのですが、それはどうでもいいことです。
専門家になるわけではないので、特に覚える必要はありません。

人はエネルギーが必要になると、まずは筋肉にため込まれているグリコーゲンと呼ばれる糖質、または血液中に含まれているブドウ糖を使います。
さらにエネルギーが必要になってようやく、身体は脂肪を使うようになるのです。

ですから、脂肪燃焼のためには身体を「さらにエネルギーが必要」な状態に持っていくことが必要となります。

有酸素運動がダイエットに効果的と言われる理由はここにあります。
充分な酸素を確保しながら行う運動なので、無理なく続けることができるからです。

全速力で30分も走ることができますか?
たいていの人はノーと答えると思います。もちろん私もできません(30分どころか5分も無理です)。

でもペースを無理ない程度に落とせば可能となるでしょう。
「無理ないペース」というのは人それぞれですから、同じ30分でも人によって走れた距離は変わります。

でも大切なのは距離ではありません。
続けた事実です。
posted by chao at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 有酸素運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91326929

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。