スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年03月20日

有酸素運動と無酸素運動

今日は有酸素運動と無酸素運動の違いについてお話しさせて下さい。

有酸素運動が充分な呼吸を確保しながらできる運動だ、ということはすでにお話しました。
無酸素運動は逆に、充分な呼吸を確保できないまま続ける運動です。

全速力で走る。
すごーく重たいものを持ち上げる。

そんな時、無理なく呼吸ができますか?
私は無理です。

全速力で走ったあとは呼吸もまともにできないし、重たいものを持ち上げる時はついつい息を止めてしまいます。

この時、身体には充分な酸素が行きわたっていない状態になります。
そうすると身体は酸素の代わりに筋肉の中にため込んでおいたグリコーゲンと呼ばれる糖質を燃やし、エネルギーに変えます。

酸素は生きる上で必要不可欠なものですから、無酸素運動は有酸素運動とは違い、長く続けることはできません。
瞬発力を必要とする運動、例えば短距離走やバーベル上げなどが無酸素運動に分類されます。

一般的に有酸素運動に分類されるウォーキングやエアロビクスも、充分な呼吸を確保できないまま続けるのなら無酸素運動になってしまいます。
だから無理は禁物なのです。

ちなみに、無酸素運動も有酸素運動と同様、ダイエットには不可欠なものになります。

無酸素運動は筋肉を作る運動です。
筋肉をつけることによって、脂肪が燃えやすい身体を作ることができます。

有酸素運動にスポットを当てると無酸素運動は悪者のように扱われてしまうことが多いですが、実際そんなことはありません。
無酸素運動だって大切です。

ただ使い方を間違えないように、という話なのです。

二つを上手に使い分けてより健康的に痩せていきましょう!
ラベル:有酸素運動
posted by chao at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 有酸素運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。