スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2009年07月04日

有酸素運動 ジョギング

有酸素運動の中でも、ジョギングやウォーキングは、手軽に始められる種目です。ジョギングの場合、人によって、有酸素運動になったり、無酸素運動になったり差が出てしまいます。体力に自信がない場合は、ウォーキングから始めるといいでしょう。

ウォーキングの場合は、背中をピンと張り、少し遠くを見ながら歩きます。肘もだらんと下げるのではなく、少し曲げてリズムよく動かします。歩き方ですが、歩幅を大きめにイメージし、かかとから地面につけ、つま先でけって前に進みます。なにげなくあるいとしまうと、散歩にしかなりませんが、手の動きや足の動きを意識すれば、たくさんの筋肉を使うことができます。

体力がついてきたら、ジョギングでも、有酸素運動になります。ジョギングの場合は、顎を引き、上体は少し前に倒し、背中を伸ばします。腕は大きく振り足は、膝を基点に動かしかかとから地面についたら、足全体で体重を感じ、その瞬間に足の指でパッと蹴ります。着地した足は、膝を少し曲げると、重みを軽減できるため膝を痛めません。ジョギングには、歩幅を大きくするストライド走法と、歩幅は小さく足の回転が速いピッチ走法があります。自分にあった走り方を知ることが必要です。

ウォーキングにしても、ジョギングにしても、靴や服装選びは大切です。特に靴は、普段履いている靴とサイズが違うようです。足への衝撃を和らげることも出来るし、逆にサイズが合わないと負担をかけこともある靴ですから、慎重に選びましょう。
タグ:有酸素運動
posted by chao at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122748114

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。